社員のモチベーションアップで会社の業績もアップ!

女の人

どちらも重要です

ミーティング

倉庫管理は主にロケーションやロット管理などを行うのに対し、在庫管理は在庫そのものの管理を行います。どちらも物作りには欠かせない管理であり、手作業で管理を行う事も出来ますが、パッケージを導入してシステム化し管理工数を削減するのが一般的です。

社内の情報交換に革命

電話する男性

社内情報の伝達手段として利用されてきたメールには、効率性やセキュリティ面など問題点も少なくありません。メールに替わる新たなコミュニケーション手段として、ビジネスチャットツールを導入する企業が増加中です。他のサービスとの連携やタスク管理、ビデオ通話等の付加機能を備えたチャットツールが選ばれています。

やる気を底上げする方法

パソコン

持続に必要なのはゆとり

社員のモチベーションを保つことは、効率よく業務を進めるためには非常に重要です。一時的に売り上げが伸びたことなどによって、その場のテンションが上がることはありますが、モチベーションとは長期的なやる気を指し、継続して質の高い仕事を行うために必要な要素であります。高いモチベーションを保ち、持続させるためには、社内の雰囲気が良いことや、経営が好調であることなどが挙げられますが、社員一人一人に目を向けると、業務に対してストレスを感じることが無いように気を配ることが肝心です。その方法として、一般的なことは福利厚生の充実です。福利厚生には、厚生年金や社員旅行など、給料とは別で支給される非金銭報酬のことですが、日常の業務にとって即効性が高いのが、ウォーターサーバーやコーヒーなど飲料系設備の設置です。これと合わせて、息抜きできるスペースを設けると、より効果的です。中小企業では、経費が掛かることや、さぼり癖が付くなどの理由で、飲料系の福利厚生を行っていないことがありますが、これは業務に対するモチベーションを保つためには、逆効果になる場合があります。さぼる人というのはどうしても目立ってしまいますが、社員のほとんどは仕事を真面目に行って、少しでも会社にプラスになるよう努力している方ばかりのはずです。息抜きの間を与えることなく業務をさせるのではなく、疲れたときは息抜きをして、リフレッシュした状態で業務を再開したほうが遥かに効率的で、日々のモチベーションも持続されることになります。こうしたゆとりを大切にしている企業は、業績が良い場合が多いです。

債権を管理しましょう

オフィス

企業活動を行っているとさまざまな債権が発生します。自社が債権者となる場合もあれば債務者となる場合もありますが、これら債権は適切に管理される必要があります。債権管理を適切に行うことで取引をスムーズに行うことができますし、企業としての信用力を高めることにも繋がります。